商品の管理~発送作業まで担う、シムネット倉庫へ!

はじめまして!
2019年1月からエンジニアとして中途入社した武山です。

PHPをメインとしたWebアプリケーションのバックエンド開発の経験を活かし、
サービス開発を担っていけるようにこれから頑張っていきたいと思います。

さて、今回は、先日参加した入社後の倉庫研修について書きたいと思います。

そもそも倉庫とは……?

シムネットではペットに関するサービスを多数展開していますが、そのなかに
「みんなのペット健康専門店」というペット用品の通販サイトも運営しています。

▼みんなのペット健康専門店サイト▼
https://www.min-petkenko.com/

ぜひ機会がありましたら、一度覗いてみてください♬

これら商品を管理し、発送作業までを担っている拠点がシムネットの倉庫となります。
サービスの自社開発だけではなく、商品の仕入れ、管理・運営しているところが純粋にすごいと思いました。

実は入社まもなくサービス開発にアサインされたこともあり、多少の予備知識を持ったうえでの研修参加です。

研修内容は、入荷・棚入れ・ピッキング・検品・梱包などの体験。

入荷作業では、発注していた商品の当日入荷分の破損などがないか、しっかりと確認!
特に問題がなければ、商品ごとに賞味期限を入力していきます。

棚入れ作業は、入荷確認が完了した商品を決められた棚に収める作業です。

基本的には台車で運搬しますが、重さが15kgほどある大容量フードを持ち上げる場面もあり、普段あまり筋力を使わない私にとってはなかなかの重労働でした!

実際に入った注文にたいして、商品のピッキング(棚から在庫商品を集めてくる)をして、商品確認、梱包と一連の作業を経験することができました。

▲バーコードによる、確認・管理をしています。

倉庫では女性スタッフが大活躍。

たくさんの注文があるにも関わらず、初回購入の方へのメッセージカード封入や梱包など、作業の手際のよさや丁寧さに終始感動です。

普段、私自身もいろいろな通販を利用していますが、裏で行われている作業を体験したことはありませんでした。

今回の研修によって、今後携わるサービスの開発イメージを具体的に持つだけでなく、
倉庫スタッフや商品を購入いただく方の利便性向上を考えるよい機会となったと感じています!

それでは、今回はこの辺で失礼します☺