「#2 はじめてのIT勉強会 in 仙台」レポート

2回めの「はじめてのIT勉強会 in 仙台」が開催されました!

「2回め」「はじめて」という、若干のコンフリクトを感じるタイトルながら、仙台で働くエンジニアの方や学生の方、幅広い方々にお集まりいただきました。

今回は会の様子をレポートします!

・会の目的は「仙台のITシーンを盛り上げたい!」

はじめてのIT勉強会は、仙台のITシーンを盛り上げるために始まりました。仙台のエンジニアの方、特に勉強中の方や初心者の方に、気軽に勉強できる機会を提供したいという思いで企業の枠を越えて開催しています。

「勉強会に興味があるけどなんとなく不安」「何から始めていいかわからない」といった方の、第一歩になれたらうれしいです(´∀`)

・テーマはエンジニアが躓きがち(?)なネーミング

前回のテーマはリーダブルコードの紹介や基本的な考え方、書き方についてでしたが、今回はもう一歩進んで「誤解されない名前」について。シムネットのエンジニア・千葉がスピーカーとして登壇します!

Agenda

  1. 間違ってないけど曖昧な名前
  2. 誤解される限界値
  3. 範囲の指定
  4. ブール値の名前
  5. ユーザーの期待に合わせる
  6. 複数の名前を検討する

持ち時間をかなり余らせて終わりましたが(汗)、おかげで主催の佐藤 将太さん(Luckbizzo)、河野 康隆さん(セカイネット)から鋭いツッコミが入り、より一層ネーミングについて考える会になったはず。

緊張はしていましたが、エンジニアとして就業中の千葉だけに、実践で使える知識をお伝えできたと思います♬

ちなみに、質疑応答中に佐藤 将太さんが「これだけ覚えて帰れば今日はOK」といったサイトがこれ。


codicはエンジニアのためのネーミング辞書で、ネーミングに悩んでいる方に便利な機能がたくさんあります。
ネーミングが苦手な方は使ってみるといいことがあるかもしれませんよ!

 

・勉強会は情報交換と交流の場でもある!

活発な質疑応答のあとは懇親会。志を同じくする仲間と出会えるのも、勉強会の醍醐味ですね。
「はじめてのIT勉強会」に限らず、興味がある勉強会があれば皆さんも気軽に足を運んでみてください(*´∀`*)ノ

 

 

次回の開催は6月28日(水)、会場は同じくシムネットの社内です。


好評をいただいておりますので、興味のある方はお早めの申し込みをお願いします!

緊張が解かれたら、このポーズである。